kjun@white.plala.or.jp
by nonohome
服を染めるのは本当に難しいです。
思うようにいかず染め直しすることも多々・・・。

今回も古道具十一月さんで見つけた
フランスや日本のアンティークの服をたくさん染めました。

そのままでも十分美しい。
時代を経てきた美しいもの。
それに色を加えていくのは本当に緊張します。

f0128761_2015551.jpg


裾が穴だらけだったワンピースの丈を切ってチュニックにしたもの。
ギャザーがたくさん寄っているものは太陽が均一に当たらず
とても苦労しました。

f0128761_2033757.jpg

これは東京で見つけたドイツのアンティークのコックコート。
ダブルボタンになっていますが、開けて着てもかわいいです。

f0128761_2041573.jpg

このワンピースは襟元がすごくきれいです。

3枚とも鉄媒染め。
その割にはガチガチにはならず比較的着心地はいい方です。

柿渋染めはどうしても硬くなってしまうので
最初の着心地が最悪・笑

それを我慢してたくさん袖を通すとクッタリしていきます。
そうなったときが本当の完成系だと私は思っています。
by nonohome | 2016-10-02 20:08 | お店
<< 入れるもの 作業エプロン >>