きのこのはなし
「きのこのことをもっと知りたい!!」
いつも秋になるたびに、騒ぐtakeちゃん・・・。

オンネトウでもほんと何種類あるの?ってくらいのきのこが
その辺に生えていたけれど。

きのこほど怖いものはない!
私は落葉しかわからないから、わからないものは絶対食べない!これって鉄則でしょ?

なのにヤツは
匂いをくんくんかぎながら
「コレ!絶対食べられる!前に聞いたことあるもん!」

と次から次へとあやし~それはそれはあやし~きのこを袋に入れだす。
時には先っぽがきれいなオレンジ色のものまで!!
どう考えたって違うだろーよ!ってものまで!!

「虫食ってるから大丈夫だぞ!毒きのこは虫も食わないはずだ!」
にこにこしながら私の鼻先にその怪しいものを差し出す夫。

「食べるなら、一人で食べてね。」と押し返してみた。

ちょっとむくれながらも
命根性の汚いtakeちゃんは

「こ、これ!まずは管理人さん(キャンプ場の)に聞いてみてよ!」
と、言う。

「自分で聞けば?」
と言っても、愚図ってうるさいのでシブシブ私が聞きにいった。

袋を覗き込んだ管理人さん。
「ぜ~んぶ。毒だよ・笑」と笑顔で答えてくださった。

食べる気はさらさらなかったけれど、
ほんとヤツの言うことを聞いていたら今ごろ一家で悲しい最後のキャンプになってたところだった。


私にボロクソ言われてちょっとシュンとしていたtakeちゃん。

そんな私達を見ながら6年前と同様、にこにこ笑いながら
「ほれ!これボリボリだよ。さっき採ってきたから食べなさい。」と管理人さん・涙

毎度毎度、お世話になります。
おかげで美味し~きのこの味噌汁を頂きました!

管理人さんとの出会いのお話はまたこの次に・・・。
by nonohome | 2009-09-28 22:19 | 暮らし
<< 十五夜 ごろりな日 >>