読書の春?
小さい頃から本を読むのが好きだった。

小さい頃はずーっとベットの上だったので
絵本を読むことしかできなかったのだけど、
とにかく先を読みたくて読みたくて・・・

元気になって他のことがなんでもできるようになってからも、
やっぱり本が好き。

おっきくなって、大人になって、人生の折り返し地点にいる今でも・笑
やっぱり本が好きだ。


でも本を読んじゃうと最後まで読みたくなっちゃって
夜更かししちゃう。
なので、忙しいときは、絶対に読書は禁止なのである~。

だけど・・・
今回見た本は怖くなってその先に進めなくなった。
ホラーでもなんでもないのに。

湊かなえの『告白』
わが子を生徒に殺された女性教師のはなし。

内容をわかってて買ったんだけど、
なんだか苦しくなって、なんでこの本買っちゃったんだろう~なんて後悔。

でも数日あけて、一気に最後まえ読み終えた。

読み終えた感想は・・・。
登場人物が全員、恐ろしく自己中であったということ。
一人くらい、馬鹿がつくくらいいい人ってのもいてもいいのに。

大切な人がいて、愛しているといいながら、
大切な人は自分の次に大切である・・・。
という人たちの話。

人という字は支えあって~とまではいかないけれど、

毎日じゃなくてもいい。
自分以外の誰かの事を、一番に考えてあげられる時間がなくっちゃ

人は幸せにはなれない気がした。
いろんな意味で。
そんなことを、恐怖の中で教えてくれた一冊でした・・・。


どんよりした気分で、今読み始めているのが
角田光代の『対岸の彼女』

先が楽しみだ。
by nonohome | 2010-04-26 21:41 | 暮らし
<< 花粉症? 家庭訪問 >>