民芸手帖
本日6月18日(土)から27日(日)まで
十一月 さんで、昭和十年代から三十年代に活躍した陶芸家 
宮下貞一朗の作品を中心に民芸を紹介する『民芸手帖』が開催されています。

陶芸のことも、民芸のこともまったくわからなかった私ですが
ぽってりとした美しい器の数々にすっかり魅了されてしまいました。
「よいもの」と言うのは、人の心を動かすものなのだなぁとつくづく思いました。

宮下さんの作品がこんなにも一度み見られる機会は
もうないかもしれません。

この2週間が過ぎても
いつでも目にできるように・・・と
今回の『民芸手帖』が一冊の本となって販売されています。

写真を撮影されたのは、「いとうみなこさん。」

本も展示もとっても素敵なので是非是非、期間中に見ていただきたいです。



f0128761_20582485.jpg
by nonohome | 2010-06-19 21:01 | 暮らし
<< 明日から お知らせ >>