小さなしあわせ
久しぶりに本を買いました。

くるみの木」のオーナー、石村由起子さんの「小さな幸せみつけた」です。
最近は文章より写真で選んでいるところが多かったのですが、
これは文章に惹かれました。
もちろん、写真も素敵です。

冒頭の
「小さな幸せは 何かの下に、誰かの後ろに隠れてて、なかなかみつけだすことができません。
そのうえ控えめなので、気が付かないことが多いのです」

その言葉に吸い寄せられるように、本を手に取り、
本屋さんで少し立ち読み・・・

もっともっと先が読みたくなりました。



ちょっとでもイヤなことがおこると
「も~!なんて私は不幸なの!」と世の中で一番不幸な気になるけれど、

そんな訳は決してなく、
足元の幸せに気が付かないということは
きっときっとさほど不幸ではないのだと思います。


悲しみのどん底にいるときは、
道端でかわいい花を見つけただけでも幸せを感じるものだものね。

「毎日が平凡だなぁ~。」と感じたり
「くっそ!忙しくってたまんないっ!」と感じるということは

きっときっとそれってすごく幸せなことなんだろうなぁと思います。


忙しさのあまり、心がせま~くなりつつあった私に
きっと神様が

「これを読みなされ」

と渡してくれたに違いない・笑

なんだかそう思う今日この頃。
by nonohome | 2007-06-19 20:09 | 暮らし
<< 餃子づくり 野球観戦! >>