kjun@white.plala.or.jp
by nonohome
娘のおくるみ
タンスを整理していたら、
ほのがお腹にいた頃に編んでいたおくるみが出てきた。

その頃は縫い物なんて全然できなくって、
唯一できる棒編みで編んだんだっけ。

男の子なのか女の子なのかもわからなかったから
黄色い毛糸で編んだ。

だけど、ほのが産まれた年はとってもあたたかい年で、
4月末生まれのほのは、この毛糸のおくりるみを一度も使うことが
なかったの・涙
生まれてくるわが子のことをひたすら思い、
不器用な手で編んだ
不恰好なこのおくるみ。

あれからずっとタンスの奥で眠ってた。

出しているとほのが
「かわいい~!!」と言って抱きしめてくれた。
ジーンとした。

今、このおくるみはほののひざ掛けとなって活躍してくれています。
8年経って、別の形でほのの役に立てて幸せだなぁ。

手作りって、こういうところがいいんだと思う。
だからやめられなくなったんだ。そう気がついた夜。


f0128761_22441512.jpg
by nonohome | 2007-11-26 23:01 | 手作り
<< ダンス!ダンス!ダンス! 恋 >>