おもうこと
今日は4年に1度の日。
そう考えるとなんだか不思議な気分。

実はほのが去年から、ちょっと心配な症状が出ていたので
病院にかかっていました。
経過を見ていただいていたのですが
再度検査をした結果、ある部分で異常が見つかってしまい早急に
検査をしなければいけなくなりました・・・。

学校をお休みして2日間検査入院をしなければいけなかったのですが
検査でかなり体にも精神にも負担がかかる・・・ということで
先生の配慮で日帰り入院にしていただきました・・・。
おうちでゆっくり休めるようにと。

初日の昨日、無事検査が終わりホッとしています。

例えばある症状が出たときに・・・

「このくらいなんともないよ!」と判断するのがほとんどだと思います。
それって、その人が今まで生きてきた経験上で話すのだから
大病をしていない人はほとんどそういうはず。
痛い思いや辛い思いをしてまでするほどじゃない。
私もそうだと思います。

でも私は小さいころから「まさか・・・」ということが
身にふりかかり、
私の母は「お母さん、もう少し早く連れてきてくれれば・・・」といわれたことが
いまだに耳から離れないといいます。
私はその場にいましたから、幼いながら母の気持ちが痛いほどわかりました。

だからかどうしても慎重になってしまう。

今回もたまたまそういう数値が出たんだ・・・と私は思っています。
そう思い聞かせている部分が多いかもしれないけれど
こんなに元気で走り回っているほのに
何かがあるわけがないと思っているから。

検査もかなり体に負担がかかるので
悩むところもありましたが、
やはりあの時に聞いた言葉が常に胸に残っているのです。

だからか、友達や私の周りにいる人にも
何か心配な症状を見付けたら
「すぐ病院に行って!」と言ってしまいます。

私の周りにいる人はそういわれるたびに
「またかい!」と
うるさく思っている人も少なくない・・・と思います・苦笑
特に子どものことだと余計にうるさく言ってしまって
嫌がられることも多いです・苦笑

ちょっと自分でも親が付いているんだし、気をつけないといけないなぁ
と思うんだけど
でもどうしても心配になって言わずにはいられなくなってしまうんです・・・。

昨日は親子ともどもグッタリ。
ほのはよくがんばりました。
先生にも
「こんなに弱音をはかない8歳は初めて見たよ!偉いですねぇ・・・」と
褒められました。
とってもいい先生で
検査中も人に任せるのではなく、ずっとそばにいて、ほのの他愛のない
話に付き合ってくださいました。

ほのの不安な気持ちを取り去ろうとしてくださる
気持ちが痛いほど伝わってきました。

今日もこれから最後の検査が残っています。
でもきっと大丈夫。
だって今も横でダンスの練習をしているし

「早く終わって十一月さんでお姉さんの作ったシフォンケーキが食べたい!」って言って
いますから・・・笑



f0128761_9583113.jpg
by nonohome | 2008-02-29 10:23 | 暮らし
<< 体がイタイ・・・ 華ちゃん >>